大切な人を亡くしたときに

仏式葬式と神式葬式の違い

日本のお葬式は、全体の9割が仏式だと言われています。
宗教によってお葬式の形が違ってきます。

仏式のお葬式の場合、お通夜から始まり葬儀、告別式で終わります。
お坊さんにお経を唱えてもらい、お焼香を行います。
多くの人がお葬式に参列したとき、このようなタイプのお葬式だったのではないでしょうか。

日本では多くのお葬式が仏式で行われていますが、神式のお葬式もあります。
神式のお葬式は仏式のお葬式と比べて、どのような違いがあるのでしょうか。
いつなんどきお葬式に呼ばれるか分かりませんし、それが仏式だと言う保証はありませんよね。
事前に神式のお葬式の知っていたならば、いざというときその知識を役立てることができるでしょう。

日本のお葬式の9割が仏式だと言われていますが、神式のお葬式は仏式の次に多いと言われています。
日本のお葬式とはどのように違うのでしょうか。

日本のお葬式でのお通夜を、神式では通夜祭と呼びます。
内容は同じような感じです。
そして、仏式で言う葬儀は神葬祭と呼ばれています。

仏式ではお坊さんがお経を唱えるのが当たり前になっていますが、神式の場合は斎主がお祈りをささげます。
祭詞の朗読をします。
仏式のお葬式でお焼香をしますが、神式ではその代わりに手水の儀・玉串奉奠と呼ばれるものを行います。
内容は似ていますが若干異なってくるので、神式のお葬式に呼ばれたような場合はそれについて勉強してから行く必要があるでしょう。
そうでなければお葬式のマナー違反になってしまう可能性もあります。

日本ではそれらのお葬式以外にも、キリスト教式で行われることもあります。
キリスト教徒の人がなくなってしまったような場合は、場所がどこであれ日本人であれキリスト教式で行われるものです。

また、最近では生前葬というのも良く聞くようになってきましたよね。
生きている間にお葬式を行うことです。
何だか縁起が悪いと思う人もいるかもしれませんが、生きている間にすることで周りに迷惑をかけることがないっていう考えです。

Copyright(C) 2013 弔事の決まりごと All Rights Reserved.