大切な人を亡くしたときに

お葬式に着ていく服のマナー

お葬式に参列するのであれば、着ていく服に気をつけましょう。
いつも通りの洋服を着ていくと、お葬式で大変なマナー違反になってしまう可能性があります。
普段どれだけ派手な服を着ているような場合でも、お葬式の時はそれに相応しいものを着用しなければならないのです。
自分の個性を演出する必要はないので、マナーに従って洋服を選ぶようにしましょう。

お葬式の時は、男性は黒色のスーツが一般的です。
女性も同じように黒色のフォーマルなワンピースやスーツが一般的です。
女性の場合喪服を着ることも多いです。

スーツだけではなく、男性はネクタイも靴下の色も靴の色もすべて黒色で統一するようにしましょう。
それがお葬式でのマナーだと考えられています。

女性は、派手なお化粧をしないように心がけなければなりません。
できるだけ落ち着いた雰囲気のお化粧にしましょう。

髪の毛も、派手にアップしてはいけません。
こちらも同じように落ち着いた感じにしておく必要があります。

アクセサリーも、着用しない方が良いです。
パールのネックレスやピアスは大丈夫だとされているので、それくらいにしておきましょう。
結婚指輪は外す必要がありません。
その他のアクセサリーはわざわざつけないようにしましょう。

子供は天学校の制服を着ていくと良いです。
それがない場合は、大人と同じように黒色の服を着るか地味な服を選ぶようにしましょう。

お葬式はいつやってくるか分かりません。
お葬式に着ていくことのできるスーツや喪服が一着あれば大変便利ですが、持っていないという人も多いのではないでしょうか。
いきなり用意するとなると、大きな出費になってしまうこともあります。

そのような場合は、レンタル衣装店を利用してみましょう。
レンタル衣装ならば、購入するより安い値段でお葬式の時の服を用意することができます。
子供の服も同じように用意することができるので、いきなりで困っているという人には大変利用価値のある店になるでしょう。

Copyright(C) 2013 弔事の決まりごと All Rights Reserved.