大切な人を亡くしたときに

一日葬って何?

時代はすでに流れています。
人が亡くなれば悲しみお葬式をして送り出してあげる、この考えは変わらないにしても、時代とともに形はどんどん変わってくるものです。
従来の形にとらわれない新しいスタイルのお葬式として今注目を浴びているのが、一日葬と呼ばれるお葬式のことです。
一日葬とはどのようなスタイルのお葬式なのでしょうか。

普通お葬式をする前、お通夜をすることになります。
しかし一日葬の外は、お通夜を行うことはありません。
火葬当日に親戚や親しい人たちに集まってもらい、告別式だけ行います。
それが一日葬と呼ばれる現代的なお葬式の形なのです。

一日葬ならば、大変な準備がなくなります。
家族としても、精神的なストレスや肉体的なストレスから解放されます。
もちろん経済的な負担もかなり軽くなるので、コストを抑えながらお葬式する事ができます。

一日葬ならばお通夜の準備が必要ではなくなるので、料理や飲み物の用意も必要なくなります。
それだけでもかなりコストを下げることができます。

一日葬は最近のスタイルのお葬式ですが、大変人気が高くなってきています。
合理的なお葬式のスタイルになるので、現代人にあっているのではないでしょうか。
時間を大幅に短縮することができるので、忙しい人もしっかりとお葬式をする事ができますし、後悔のない濃いお葬式が可能なのではないでしょうか。

一日葬のメリットはいろいろありますが、最後の時間をゆっくりとることができるというのもまた、その一つだと考えられています。
お通夜をしてお葬式をしてとなると、かなりの準備が必要になり悲しんでいる暇がなくなるくらいだと言われています。
しかし一日葬ならば、慌てて準備をする必要がなくなるので故人との時間を大切にすることができるのです。

大変現代的な形の一日葬は、支持する人と従来の形の方が良いという人にわかれます。
故人の希望があれば、そちらに従った方が良いですが、なければ今ある家族で現代的な一日葬にするか従来の形のお葬式にするか、話し合ったら良いのではないでしょうか。

Copyright(C) 2013 弔事の決まりごと All Rights Reserved.