大切な人を亡くしたときに

火葬式って何?

火葬式とは何でしょうか。
火葬式とは、お通夜や告別式をしないお葬式の形です。
そのようなお葬式があるのかと不思議に思う人もいるかもしれませんが、最近では家族に負担をかけないように、経済的負担をなくすようにと火葬式が選択されるケースが増えてきているのです。

終活と呼ばれる自分の死に付いて考えて準備する活動が流行っていますが、そんな中お葬式について考える機会が増えてきています。
自分のお葬式のことを考えると、かなりのお金がかかってしまいますし肉体的にも精神的にもストレスがかかってしまうのは目に見えていますよね。
特に年配の人ならば、お葬式の準備がどれだけ大変なものか身をもって経験しているはずです。
そんな思いを子供たちにさせたくないと思い、お通夜や告別式をしない火葬式を希望する人が最近になってとても多くなってきています。

お通夜や告別式を行わないで、火葬だけしてお骨にする形なのでかなりの時間短縮にもなるでしょう。
知り合いが少なくて呼ぶ人があまりないような場合も、火葬式が選ばれるケースが増えてきています。

火葬式ではお経をよむことのないのですが、それだけはして欲しいと思うのであれば、お坊さんに来てもらって読経してもらうと良いでしょう。
そうすることで、火葬式への抵抗を少なくする事ができます。

火葬式はお通夜や告別式をしないので、当然としてかなり安く済ますことができます。
安くすれば良いというわけではありませんが、故人としては家族に迷惑をかけたくないという気持ちもあるでしょうから、やはり経済的負担が減るというのは故人にとっても遺族にとっても有り難いことですよね。

火葬式ならば式場を探す必要もなくなります。
接待の必要もなくなり精神的な負担を減らすことができます。

火葬式は、最近になって人気が高くなってきていますが、いまだそれを理解していない人もいるのは事実です。
ですので火葬式する場合は、来てもらう人たちに故人の意向だったなど理由を説明する必要があるでしょう。

Copyright(C) 2013 弔事の決まりごと All Rights Reserved.