大切な人を亡くしたときに

家族葬って何?

いろいろなお葬式の形がありますが、最近では家族葬をする人も増えてきているということです。
家族葬は、いったいどのようなお葬式なのでしょうか。

お葬式の種類を知ることで、自分のお葬式の時にはこうしたいなど予定を立てることもできます。
家族葬とはその名前の通り、家族だけが参列するお葬式のことです。
家族だけではなく、親戚が参列することもあります。
つまり血の繋がりのある人たちだけが集まってするお葬式、それが家族葬なのです。

一般の人が参列しないというだけで、その他は普通のお葬式と変わることがありません。
家族葬も普通のお葬式と同じで、仏式があったり神式があったりキリスト教式だったり、自分の宗教で行うことができます。
自由にお葬式したいならば、他人の目を気にしないでも良い家族葬が一番ではないでしょうか。

家族葬は一般の人たちが集まってこないので、参列者が少なくなります。
ですので比較的小規模なお葬式になることが想像されますよね。

つまり、お金が少なくて済みます。
低料金でお葬式したいならば、家族葬を選ぶと良いのではないでしょうか。
かなり規模を小さくすることができて、費用を抑えることができます。

家族だけでするのですから、自由に行うことができてそれも家族葬のメリットの一つだと考えられています。
他人がやってこないので、形にとらわれる必要がなくなってきます。
故人が自分のお葬式の時こうしたいとか希望を残していたような場合も、家族葬ならば他人の目を気にしなくて良いので、希望通りにしてあげられる可能性が高くなります。
最近は終活と言って自分のお葬式についても考える風潮があるので、家族葬にもより注目が集まるようになってきています。

家族葬は規模が小さいので、小規模な式場か或いは自宅で行われることになります。
自宅で行う場合、葬儀場を借りる必要がなくなるのでかなりコストを抑えることができるでしょう。
家族葬をする場合は、身内にその旨を伝えておく必要があるでしょう。

Copyright(C) 2013 弔事の決まりごと All Rights Reserved.