大切な人を亡くしたときに

香典袋の書き方のマナー

お香典袋に字を書くときに、鉛筆やボールペンなどを使ってはいけません。
普段使っているからと言ってそれらで書いてしまうと、マナー違反になります。

お香典袋に書く時は、筆を使う必要があります。
筆ペンなどでも代用することができるので、コンビニエンスストア等でも簡単に購入することができます。

まず下の部分に、自分の名前をフルネームで書く必要があります。
表書きには御霊前の文字も必要です。

裏側の折り方は下側を折り、次に上を折ります。
逆にしてしまいがちですが、そうしてしまうと悲しみを表すことになってしまうので、注意しなければなりません。

お香典袋はお香典の金額が5000円などある程度安い場合は、シンプルなものを使うようにしましょう。
1万円以上になるような場合は、水引がかかっているもの選ぶと良いです。

お香典袋に住所をかくときは、省略しないですべて書くようにしましょう。
郵便番号も載せるようにしましょう。
金額は、漢数字で書かなければなりません。
普通に書いたら良いというだけではないので、その辺も注意しながらお香典をかくようにしましょう。

書き方だけではなく、大体どれくらいお金を入れたら良いかなどをその辺も気になりますよね。
近所の人ならば5000円程度親戚ならば3万円程度など故人との関係によって金額はかなりばらついてきます。
ある程度の相場を知ることにより、マナーの範囲の中でお香典を包むことができるのではないでしょうか。
相場より高すぎても、逆に安すぎてもマナー違反になって失礼に当たってしまいます。

宗教によってお葬式の形が変わるように、お香典の書き方も変わってきます。
日本では9割が仏式でお葬式されていると言うことですが、別のお葬式に呼ばれるようなこともあるかもしれません。
そんな時仏式の常識でお葬式に参列すると、失礼に当たってしまうことがあります。

お香典に関しても、そのまま書いてしまうとマナー違反になることがあるので、それぞれのお葬式で勉強する必要があります。

Copyright(C) 2013 弔事の決まりごと All Rights Reserved.