大切な人を亡くしたときに

お葬式の日程、どうやって組む?

人が亡くなれば、お葬式の段取りをしていかなければなりません。
初めてのことで通して良いか分からず、悲しみの中大変つらいことですが、故人を見送る為にもしなければならないことなので、できるだけ平常心を保ちながら行動するようにしましょう。

病院で脂肪した場合、病院から安置場所に運びます。
それから死亡届を提出して、火葬の許可を取らなければなりません。
火葬場も決めなければなりませんし、式場も決めなければなりません。

葬儀業者に依頼することで、任せることができるので安心してお葬式の準備をする事ができるでしょう。
お葬式で初めてでどうしてよいか分からないような場合も、葬儀業者が入れ歯相談することができますし、的確なアドバイスをもらうことができます。
後悔のないお葬式をする事ができるのではないでしょうか。

葬儀業者に頼んだからと言ってお葬式のすべてをしてくれるわけではありませんし、いろいろと打ち合わせをしなければなりません。
自分がしっかりしておかなければより良いお葬式をする事はできないのですから、悲しみに暮れているだけではなく前に進んでいくよう頑張りましょう。

お葬式の日程は、どうやって組めば良いのでしょうか。
火葬の都合や式場の順番などにより、時間がかかってしまうことがあります。
長くて1週間程度待たなければならない場合もあります。

亡くなった当日や翌日にお通夜をしてその次の日にお葬式というパターンが理想的ですが、都市部になると式場も人が混んでいて思うようにいかないこともあります。
地域によって、お葬式の日程は若干変わってきてしまいます。

葬儀の日程は、いつにしなければならないとかいつはだめだとか決まっているわけではありません。
一般的に友引にお葬式をしてはいけないと聞くことがありますが、これは迷信でお葬式のマナー違反になってしまうわけではありません。
友引の日は、火葬場が休みをとっていることが多いので、その日に火葬できなくてすすめられない場合は多いようです。
地域によってそれも変わってくるので、一概にいうことはできません。

Copyright(C) 2013 弔事の決まりごと All Rights Reserved.