大切な人を亡くしたときに

お悔やみの言葉、どう言えば良い?

お通夜やお葬式に参列する場合、お悔やみの言葉を述べなければなりません。
お葬式やお通夜での挨拶は、すべてお悔やみの言葉になります。
普通の会話ではいけません。
それがお葬式やお通夜のマナーになっているのです。

お悔やみの言葉は、今の気持ちをすべてありったけ伝えるのではなく、できるだけ短くスマートにしておくほうが良いと考えられています。
遺族と話し込んで閉まっても他の人の迷惑になってしまいますし、そのような場所ではないと心がけておかなければなりません。

お悔やみの言葉は定型文みたいなものがあります。
インターネットで調べたり専門の本で見たりすると、参考にすべき言葉が沢山あるのでそれらを参考に自分なりにアレンジしてみてはどうでしょうか。

「まことにご愁傷様でした」「心から哀悼の意を表します」「謹んでお悔やみ申し上げます」等が一般的なお悔やみの言葉になります。
「ご家族のお気持ちを考えると胸が痛みます」「ご冥福をお祈りいたします」等も良く使われていることが多いです。
お花を渡すような場合は、お悔やみの言葉と一緒に、「どうぞお供え下さい」と言いましょう。

お通夜やお葬式では、重ね重ねやたびたびという言葉を遣ってはいけないと言われています。
普段何気なく使っているこれらの言葉ですが、なぜお葬式やお通夜では使ってはいけないと考えられているのでしょうか。
重ね重ねやたびたびは、「不幸が何度もやってくる」という不吉な連想に繋がってしまうと考えられているのです。
何気なくそのような言葉を遣ってしまっても、お葬式やお通夜ではマナー違反になってしまうということを忘れてはいけません。

どのようなお悔やみの言葉を言うか、それも勉強してからしゃべらなければならないことですが、つかってはいけないと考えられている忌み言葉も事前に勉強しておかなければならないのです。
普段通り気を抜いてしゃべっていると大変失礼な事を言っている可能性もあるので、注意が必要です。
また、こちらの葬儀の喪主の役割についての記事も参考にご覧ください。

Copyright(C) 2013 弔事の決まりごと All Rights Reserved.