大切な人を亡くしたときに

お布施はいくら渡せばいい?

お葬式をするとなると、お坊さんにお金を支払わなければなりません。
これを、お布施と呼びます。

お葬式はいつやってくるか分かりません。
いきなりお葬式しなければならないということもあるでしょう。
お葬式についての予備知識がないと、お坊さんにどれくらいお金を渡して良いのか分かりませんよね。
実際、喪主になってからどれくらいの金額を渡して良いのか迷う人がとても多いということです。

お葬式をするとなると、菩提寺に行ってお坊さんに挨拶することになります。
その時直接、お布施の金額を聞いてみると良いでしょう。
失礼になるのではないか、心配になる人もいるかもしれませんが失礼になるようなことはありませんし、実際直接聞いている人は多いです。
金額を間違ってしまう方が失礼なのですから、聞いておくと安心してお金を渡すことができるでしょう。

お金を渡すタイミングは、戒名のお金を渡すとき一緒にすると良いです。
お坊さんによっては、金額は気持ちで良いという答え方をする人もいるかもしれません。
しかしそう言われて、どれくらいのお布施が正しいのか分からないのですから、困ってしまいますよね。

葬儀業者に相談すれば、良いアドバイスをもらうことができるでしょう。
分からないことは何でも、葬儀業者に聞くと解決するはずです。

お布施は人それぞれ金額が違いますし地域によっても異なってきますが、お通夜からお葬式まですべて合わせると最低でも20万円以上は必要だと考えられています。
余りにも少ないお布施はいけませんが、高い分には問題ないようです。
お布施の上限は決められていないので、もっと沢山包みたいと思う人は自分の都合に合わせて包んでいくと良いのではないでしょうか。

お葬式についての知識がといざというとき困ってしまうことが沢山あります。
お葬式のことなんて縁起でもないので考えたくないという人は多いかもしれませんが、いずれは経験しなければならないことなのですから、あらかじめある程度勉強しておくと役立ちます。

Copyright(C) 2013 弔事の決まりごと All Rights Reserved.