大切な人を亡くしたときに

弔電を送る際のマナー

仕事の都合などでどうしてもお葬式に参列できない事はありますよね。
お葬式に参列できないのであれば、弔電を打つようにしましょう。

弔電を送るにしても、マナーがあります。
マナー違反にならないよう、弔電を打つ場合はそれについての知識を持っておく必要があります。

インターネットで調べたり、葬儀業者のホームページを見ると弔電についても書かれていることが多いです。
それらで勉強することもできますし、お葬式などの専門本を購入して読むと弔電についても詳しくわかります。

弔電を打つときには、遺族の気持ちをきちんと考える必要があります。
遺族を傷付けないような、言葉を選んで打つようにしましょう。

「重ね重ね」や「たびたび」というような言葉を遣ってはいけません。
何気なく使っているこれらの言葉ですが、これらは忌み言葉と呼ばれます。
不幸が繰り返し起こるという連想になってしまうので、不吉な言葉だと考えられているのです。
ですので弔電を打つときには、これらの言葉を使わないよう注意しましょう。

普段何気なく使っている言葉なので思わず使ってしまう人もいるかもしれません。
やはりきちんと事前に意識を持っておかないと、マナー違反をしてしまう可能性は大変高いのです。

弔電は告別式の始まるまでには届くようにしておかなければなりません。
告別式が終わってからの場合は、マナー違反になってしまいます。
お葬式が終わってから気持ちを示したいような場合は弔電を送るのではなく、お悔やみの手紙などをかくようにしましょう。

弔電ですが、誰におくって良いか分からないという人もいるのではないでしょうか。
故人と親しかったとしても故人宛に送るわけにはいきません。

弔電を送る場合は喪主宛に送るようにしましょう。
名前は調べればわかることですが、もしも調べてもわからないようであれば故人の名前を書いて遺族宛にしておくと良いです。
弔電を送るだけではなくお香典も送るように手配しておきましょう。

Copyright(C) 2013 弔事の決まりごと All Rights Reserved.