大切な人を亡くしたときに

咄嗟のお葬式、どこで行う?

お葬式は、いきなりやらなければならない可能性があります。
前々から準備することができたならばまだしも、あまりそのような状況はありませんよね。
その時になって、いきなりやらなければならないということが多いのですが、そうなるとパニックになってしまうのがほとんどです。

お葬式になれている人なんてそうそういないのですから、誰もが初めての経験で誰もがどうしてよいか分からないのが、お葬式なのです。
故人の思い出に浸っている暇もないくらい、お葬式の準備は忙しいと言われています。

まず、葬儀業者を選んでいかなければなりません。
より良い葬儀業者を選ばなければ、後悔のあるお葬式になってしまうかもしれないので注意が必要です。

まず、人が亡くなってしまった場合死亡届を提出しなければなりません。
そこからすべてが始まるのです。
死亡届を提出するのも、ほとんどの人が初めての経験と言うことになるのではないでしょうか。
それすら、どうしてよいのかよく分からないでパニックになってしまう人は多いでしょう。

死亡届を提出した後は、市町村役場へ火葬許可申告書を提出しなければなりません。
もちろん火葬でない場合はそれを提出する必要がないのですが、今の日本ではほとんどの場合が火葬なのでそのような段取りになる場合が多いです。

その後、お通夜をしなければなりませんし、お葬式をしなければなりません。
火葬もしなければなりませんし、しばらくすると法要もあります。
本当に、悲しんでいる間がないくらいにあっという間に時間が過ぎてしまうのです。

とっさにお葬式をしなければならないという状況になったなら、葬儀業者に連絡しましょう。
インターネットで葬儀業者のホームページを見て、利用料金を見たり実際に電話で連絡を取ったりして、納得のできるところを探す必要があります。

葬儀業者を見つけたならば、お通夜やお葬式についての打ち合わせをしなければなりません。
初めての場合でも葬儀業者に頼めば、段取りしてくれるので安心して進めていくことができます。

Copyright(C) 2013 弔事の決まりごと All Rights Reserved.