大切な人を亡くしたときに

お葬式のときの化粧や髪型にもマナーはあるの?

お葬式に参加する場合、派手なお化粧をしないように気をつけなければなりません。
普段どのようなメイクをしていたとしても、普段通りではなくお葬式の時はそれらしいメイクに変えなければならないのです。
最近のお化粧はアイメイクに力を入れるものが多いですが、お葬式の時はつけまつげをしたり目元を強調するようなお化粧は控えた方が良いです。
コンタクトレンズをつけて目の印象を強くするお化粧も人気が高いですが、お葬式にはふさわしくありません。

大人の女性の場合、お化粧しないというのは社会的なマナー違反になるのでしなければなりませんが、派手になってしまうと行けないのでナチュラルメイクを心がけるようにしておきましょう。
普段のお化粧よりも控え目にすると、お葬式でも大丈夫なお化粧になります。

お葬式参加する場合、お化粧だけではなく髪型にも気をつけなければなりません。
まず髪の毛には、アクセサリーをつけないようにしましょう。
アクセサリーをつける場合は、目立つようなものではなく控え目な黒色のものを選ぶようにしなければなりません。

流行の髪型にするのではなく、お葬式にふさわしい髪型にしなければなりません。
わざわざ巻き髪にしたりボリュームを出すのはよしましょう。
アップにする場合、控え目な形にしておく必要があります。
髪の毛が長い場合は、一つにまとめておくと失礼になりません。

お葬式の時は、お化粧や髪型だけではなく、アクセサリーにも注意しておきましょう。
ネックレスや指輪はわざわざしない方が良いです。
する場合はパールのネックレスやピアスにしておきましょう。
それならばお葬式の服にも合います。

ゴールドやプラチナのネックレス等はよそ行きの時に使うものですが、お葬式な時には使わない方が良いです。
カバンなどもそのようなチャームをつけておかない方が良いです。

結婚指輪をしている場合は、わざわざ外す必要はありません。
余りにも派手な結婚指輪の場合は、遺族や周りに不快感を与えてはいけないので、目立つ場合のみ外すようにしておきましょう。

Copyright(C) 2013 弔事の決まりごと All Rights Reserved.